ほぐれッチの使い方

t002


main_t

普段の前傾姿勢や、コリの積み重ねで体は硬くなってしまいます。体が柔らかくなればさまざまな悩みをケアできて体も軽くなります。
簡単に気持ちよく、毎日、セルフケアできるのがこのほぐれッチです。

ほぐれッチポール パーフェクトセットは、1人で使用でき、
長年の姿勢の悪さや生活習慣などが原因で硬くなってしまった体をほぐして、
柔らかくするエクササイズアイテムです。



play



stn

h0014

ほぐれッチポール パーフェクトセットは、2種類の硬さと加圧台がありますので、体のコンディションに合わせて使い分けて下さい。
初心者の方は、ソフトタイプをおすすめします。

準備

準備
ほぐれッチポールをヨガマット、または滑りにくい床にセットします。
リラックスできるところで、楽しく行いましょう。





首周り

首周り

加圧台の上に、ほぐれッチポールをセットしたら、体をゆっくりと倒して仰向けになります。首にあたるようにして、まずは上下に動かして、次に左右に動かします。
首まわりに刺激を与えて、ほぐしていきます。



肩・背中まわり

背中肩周り

ほぐれッチポールが肩甲骨付近にあたるように仰向けになります。両手を頭の上に伸ばして、まずはそのままの姿勢で気持ち良さを体感してみましょう。
次に上下に体を動かして、肩甲骨付近に刺激を与えてほぐしていきます。
肩甲骨から下部にコロコロと上下に動かしながら、位置を徐々にスライドさせて、背中の中央部まで移動させていきます。背中の中央部にあたったら、体をほぐすことを意識して、上下に動かします。



腰まわり

腰周り

おへその裏側を意識して、ほぐれッチポールを腰の下に置き仰向けになります。このとき、両手は頭の上に伸ばして、膝は曲げて脚を少し起こします。これが基本姿勢です。
そのまま上下に動かします。自重によりじわじわとインナーマッスルに刺激を与えながら、ほぐしていきましょう。
体が安定しないときは、両手を腰の下に伸ばして、床に手のひらを付けて置きます。体を支えながらチャレンジしてください。



お尻まわり

お尻周り

ほぐれッチポールをお尻の中央部に置きます。このとき、脚は体操座りの状態にします。
両手を背中の後ろに持っていき、両手を床について体を支えて、安定させましょう。
お尻まわりに使うときは、体が不安定なので、まずは力をあまりかけずに前後に転がして、ほぐしてください。次に自重をかけてほぐしていきます。慣れてきたら、前後もしっかりと動かして刺激を与えていきましょう。



太ももまわり

太もも周り

お尻まわりと同じ姿勢で、ほぐれッチポールを太ももに置きます。
まずは前後にソフトに転がし、慣れてきたらしっかり力を入れて転がしてほぐします。



ふくらはぎまわり

ふくらはぎ周り

太ももと同じく、ほぐれッチポールをふくらはぎに置きます。
まずは前後にソフトに転がし、慣れてきたらしっかり力を入れて転がしてほぐします。



plus


加圧台

加圧台使用

加圧台の上にほぐれッチポールをセットして使うことで、通常より負荷をかけることができます。よりしっかりとほぐすことができます。



タッピング

タッピング

ほぐれッチポールを体のコリなど気になる部分にタッピングします。



足裏

足裏

ほぐれッチポールを足裏に置いて、コロコロと転がします。
座ったり、立ったりと姿勢を変えることで、自重による負荷が変化しますので、
お好みに合わせてほぐしてみてください。